品質の解説



     


初めてシームレスボディを購入する方は完璧な商品を期待しないでください!
完璧をお求めされる方には、オススメいたしません。


まず、Edation社、Phicen社など、どこのメーカーであれ、
シームレスボディには成型不良に伴う瑕疵が非常に多いことが難点です。
シリコンゴムという不安定な素材のため、ABS樹脂系素材のように、均一な品質にはなりにくいからです。


これは、1/6フィギュアから1/1ラブドールまで、
スケールとは関係なく発生するのでいわばシリコンボディの宿命と言えます。
実に残念ですが、シームレスボディには無キズで完璧なものは、ほとんどありません。


特に、Edation社のHotstuffボディは、手作業によるシリコン手流し成型なので、
ボディのパーティングライン(金型の分割線)が明瞭であることと、
ボディの成型品質に、非常に当りハズレがあり個体差が激しいです。


この原因として、手足の指先までまったく継ぎ目の無い、美しい一体ボディ化を実現するためには、
手作業で微妙な調整をする必要があるからです。


しかし、これらの短所があるにも関わらず、
なぜ、私は、Edation社のホットスタッフボディをおススメするのか?


当店のモデルさんたちの写真をご覧になれば一目瞭然、
手足の先まで一体化したシルエットが死ぬほど美しいからです!
ぜひ、この感動をご自身で味わってください。


これが手足の先まで一体化したシルエットの美しさ!これが手足の先まで一体化したシルエットの美しさ!これが手足の先まで一体化したシルエットの美しさ!





それでは、具体的に各社のシリコンボディで、よくある症例を挙げると、
気泡、凹凸、シワ、薄皮、異物混入、内部空洞、断裂などがあります。


●最も一般的に多い気泡、異物混入、凸凹、成型キズの症例


もっともよくある瑕疵の実例。程度、発生数、場所により区分判定します。もっともよくある瑕疵の実例。程度、発生数、場所により区分判定します。もっともよくある瑕疵の実例。程度、発生数、場所により区分判定します。



●これも多いです、関節周りの骨格ズレに伴う凸凹不良症例


押しながら回転させます。ボディ内部に骨格をセットするときのズレが原因。シームレスボディの宿命ともいえます。押しながら回転させます。ボディ内部に骨格をセットするときのズレが原因。シームレスボディの宿命ともいえます。ボディ内部に骨格をセットするときのズレが原因。シームレスボディの宿命ともいえます。



●シリコン内部空洞による凸凹の症例


押しながら回転させます。シリコン注型時に大きな気泡がボディ内部にできたもの。押しながら回転させます。シリコン注型時に大きな気泡がボディ内部にできたもの。シリコン注型時に大きな気泡がボディ内部にできたもの。



●重度の成型不良、破れ、補修跡の症例


押しながら回転させます。ここまで重度の不良だと検査不合格品としてアウトレット版にします。押しながら回転させます。ここまで重度の不良だと検査不合格品としてアウトレット版にします。ここまで重度の不良だと検査不合格品としてアウトレット版にします。


ホットスタッフHotstuffの関節の正しい回転操作方法を検証する


それぞれのボディの違いを簡単に言えば、
瑕疵の程度と発生数、そして、その発生場所の違いです。


これらを、総合的に判断して品質区分をしています。


過去3000個以上、ホットスタッフボディを検査してきた経験から
瑕疵の程度の区別ができるようになりました。


ホットスタッフの場合、
どのボディにもよくある瑕疵から、めったにない瑕疵もあれば
同じ瑕疵でも標準的な程度から、ちょっとキツめの程度まで多岐にわたります。



例えば、当店では軽度の瑕疵でも数が多ければキズだらけのボディとして普及版にしますし、
たった気泡一箇所でも、程度がキツければ、
或いは、デルタの真正面で目立つ場所であれば、やはりSP版落ちとして普及版にします。



このように各ボディの症状は、千差万別のため、一概に言い難いのですが
あえて、目安として言うならば

SP着色版…瑕疵、関節周りのズレ凸凹不良がほとんどない。但し、わずかな瑕疵はあります。

SP版…軽度の、瑕疵や関節周りのズレ凸凹不良が少しある。手足などそれほど気にならない場所にはあるが、
     バスト、ヒップ、デルタの目立つ場所には無い。

普及版…軽度~中度の、瑕疵や関節周りのズレ凸凹不良が、複数ある、バスト、ヒップ、デルタの目立つ場所にもある

※ アウトレット品…上記の検査落ち品。
          重度の瑕疵、成型不良、および重度の関節周りのズレ不良、皮膚破れ、関節の緩み、骨の露出
  初期不良品…骨折や、関節が動かないもの。廃棄処分します。


ホットスタッフHotstuffの関節の正しい回転操作方法を検証する

Edation社のホットスタッフ系ボディは、手足の先まで完全に一体化した素晴らしいボディですが、
シリコン手流しによるハンドメイドのため、品質に関して、非常に当りハズレの個体差があります。


当店に入荷したBQボディは、すべてEdation社の検査合格した正規品なのですが、、、
このページでご覧の通りの不良品が、合格品として出荷されているわけですから
これらのハズレ商品を買ったお客様は、不運としかいいようがありません。


このように、海外の品質基準(意識)は、とても低く、
ビザールクイーンのブランドでお届けする以上、
私としては、とてもそのまま、正規品として販売することはできません。

そこで、当店では、再度全品検査をすることにしています。


ただ、残念ながら、これらのボディを機械で客観的に不良判定することができないので、
先ず下記の品質検査基準で1体ずつ分別します。


その後、最終的には3000個以上検査してきた、店長である私の感性で、
”あぁ、、届いた商品がこれだとガッカリされるだろうなぁ、、、” と
感じるかどうかで、1品ずつ最終判断を行っています。


Edation社でさえ、ここまで徹底した検査は行っていません。


ましてや、他店の並行輸入業者から購入した商品が、
メーカー出荷時のビニール袋で密封されたままだと、恐らく無検査品でしょう。
残念ですが、当たりハズレは運に任せるしかありません。


それだけに、やはり、自分が苦労して創り上げたBQカスタムボディですから
ビザールクイーンとしては、少しでも良い商品を皆様にお届けしたいです。


全ての商品を開封してから、まず洗浄して付着したゴミや汚れを落とします。自然乾燥後、

①各部の関節折れの有無を検査  ---->折れていたり、関節が動かないものは、初期不良品として廃棄処分。

②パーツの可動範囲が当店基準どおりか検査。---->基準に満たなければ、検査不良としてアウトレット品。

③重度の成型不良、シワ、破れ、骨の露出、凸凹を検査---->あれば検査不良としてアウトレット品。




ホットスタッフボディにシリアルナンバーで検査管理します。ホットスタッフボディにシリアルナンバーで検査管理します。1体ずつ、厳格な検査結果を記録しています。




また、アフターサポートのために、
すべてのボディに固有のシリアル番号をつけて各ボディの検査記録を保管。
お客様にお届けした商品のシリアル番号と照合できるので、
お客様の商品がどんな品質状態かすぐにわかるようにしました。


このため、海外輸入品特有の当たり外れ、初期不良を心配する必要は一切ありません。
輸入したものを単に売りさばく業者と異なり、当店自らが開発しているメーカーだけに、
安心して、お買い求めいただけます。

LinkIcon<元のページへ戻る>